写真・絵画に関して

作品を制作するとき、外形認識などの視覚を超えた感覚の領域で単に感じる部分を、深い本物の暗示として作品上に表すことが大切で、写真作品のおもしろいところ、私にとって。
「写す」ことから離れないと、私の写真作品の未来はないんじゃないかな。。。

絵の場合、いわゆる具象から離れていくんですが、装飾的な、抽象作品もだめ、そこで、具象と抽象の間の部分での創作にしていかなくてはならない。

つまり、対象は非常に重要だと思うと同時に、何でもいい気もする。このあたりがすっきりカタがつくと、もう一歩も二歩もすすめるんじゃないか…

そして、できあがった作品自体は視覚的に認識され、自分や見る人の感受性に激しく刺激を与えるものでなくてはならない。


CONTACT : Tenmi HANAGI

LinkIconCONTACT

contact@tenmi-hanagi.com